あずさ法務事務所で自己破産すると費用はいくら?


あずさ法務事務所で自己破産すると費用はいくら?


あずさ法務事務所でも自己破産はできる?

あずさ法務事務所は司法書士事務所ですから、裁判所を通した事案は簡易裁判所の案件しか扱えません。そのため、自己破産の申立は権限外になります。しかし、煩雑な書類を作成したり、記載した書類を提出できるようにまとめたり、あるいは、アドバイスをすることはできます。

 

 

あずさ法務事務所で自己破産の手続きをした場合、費用はいくらで納まるものなのでしょうか。

 

 

あずさ法務事務所で自己破産した場合いくらかかるの?

 

あずさ法務事務所の公式ページをみると、自己破産の費用は10万円となっています。ただし備考として、同時廃止の場合の金額ということが書かれています。同時廃止というのは、破産法の事件の種類のことです。

 

 

自己破産には二通りの事件の種類があります。同時廃止事件と管財事件です。 同時廃止は、債権者に配当するべき財産がない場合に該当し、管財事件は債権者に配当するべき財産がある場合を言います。

 

 

個人が破産する場合には、配当すべき財産がない場合が多く、大抵は同時廃止になるのですが、事業をしている方は、資産に該当するものを多く所有していたりします。この場合は、管財事件となり、破産管財人が選任され、手続きは時間がかかるものとなります。また、 裁判所に納める予納金も多額になる場合もありますので注意が必要です。

 

 

あずさ法務事務所の公式ページのなかでも、同時廃止という言葉でてきますが、ほとんどの個人の破産者は、同時廃止事件で済むのではないでしょうか。そうなると、あずさ法務事務所では、10万円(プラスアルファが多少かかるかもしれませんが)と言う費用で、自己破産(同時廃止)はできるということです。

 

 

もちろん、司法書士は自己破産を申立する権限はありませんから、申立自体は本人で行なわなければなりません。それでも10万で済むのですから、ややこしい事件でなければ、本人申立でも十分済むのではないでしょうか。

 

 

厄介な事案でなければ自己破産は司法書士のヘルプでも十分対応できる

 

なお、そもそも自己破産というのは、簡単に言うと、破産申立書を裁判所に提出して、免責をもらうと言う手続きです。提出に足る破産申立書をつくるのは、なかなか手間がかかりますが、専門家の指導のもと、書類をまとめることはそれほど難しいものではありません。

 

 

あずさ法務事務所をはじめとする、司法書士事務所が自己破産の手続きを行なっているのはそれだからなのですね。

 

 

また自己破産を認められるには、支払い不能状態に陥ることが認められなければいけません。支払い不能とは収入より債務が多いことですが、これは債務者の負債の額、収入、資産等から総合的に判断されます。

 

 

自己破産をすると、他人には漏れることはありませんが、独特の喪失感を味わいます。また、自分自身の社会人としての価値も見失いそうになります。

 

 

仕事を無くしてしまった方は、落ち着いて自分の仕事を見つけること。また働ける場所がある人は、いまの仕事を一生懸命続けることです。そして、なるべく早く、収入の道筋と自分の自信を取り戻してください。

 

 

破産後の注意点

 

自己破産に限りませんが、自己破産をすると任意整理の倍の期間はクレジットカードが使えなくなります。

 

 

ただし、デビットカードは簡単つくれますし、ほとんどの場合、カードの代わりに使えます。ネットサービスの決済にクレジットカードは必須ですが、このデビットカードか、端末用のウェブマネーがあれば、クレジットカードがなくてもだいじょうぶです。

 

 

ただし、デビットカードは純粋なクレジットカードではありませんから、カードを使う場合は、紐付口座に現金が入っている必要があります。はじめて使う方は気をつけてください。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

あずさ法務事務所で自己破産すると費用はいくら? あずさ法務事務所で自己破産すると費用はいくら?



あずさ法務事務所で自己破産すると費用はいくら? あずさ法務事務所で自己破産すると費用はいくら?