あずさ法務事務所の口コミ良い?悪い?


あずさ法務事務所の口コミ良い?悪い?


あずさ法務事務所の口コミはどんなも

あずさ法務事務所の口コミですが、少なくとも悪い評判は聞こえてきません。あずさに債務整理を頼もうかと迷っている人にとっては、安心できることではないでしょうか。

 

 

ここでは、あずさ法務事務所に関する口コミや評判をまとめています。よろしければ参考にしてください。

 

 

料金は決して格安ではないが概ね満足している人が多い

 

あずさ法務事務所の費用に関する口コミですが、「思いっきり安い」といった口コミは、正直言ってみられませんでした。

 

 

全体的な評価ですが、司法書士事務所特有の安さはもちろん感じられるのですが、あずさ法務事務所よりも、安い事務所はやはり存在していると言った印象です。つまり、あずさ法務事務所は、高くはないが安くもない。どうも、そう感じている人が多いのではと思います。

 

 

ただ、法律の専門家に依頼するということは、費用設定の低さだけを求めてはいないはずです。

 

 

価格の安さだけを求めてしまうと、最近で言えば、多くの大学生を事故で亡くした、バス会社の惨事と同じことを繰り返してしまうとも考えられます。安さだけを選んでしまうことが間違った選択に繋がるという考えです。

 

 

実際に、相談だけではなく、債務整理まで依頼した人は、あずさの価格にも満足しているようです。もちろん格安ではありませんが、良心的な設定になっていることは間違いではないでしょう。

 

 

司法書士の権限について

 

次に気になった口コミは、あずさ法務事務所は司法書士事務所だというものです。そして、司法書士事務所事務所は、何でもできる弁護士と違って業務範囲に制限が設けられているわけです。

 

 

司法書士は地方裁判所に対して申立を行なえません。つまり自己破産と民事再生(小規模個人再生)は司法書士が直接扱えないのです。つまり、業務的には書類作成とアドバイスを中心としたことはやっても構わないわけですが、それ以上は権限を逸脱したことになります。

 

 

また、任意整理や過払い請求といったことは、問題なくカバーできるのですが、裁判所を通して行なう特定調停になると、一件あたり140万円までに訴額が制限されます。

 

 

ただ、特定調停は本来、弁護士や司法書士が絡まないでも済むように、調停員を介して行ないます。ですから、訴額140万円までに制限されているとは言え、実質的にはあまり関係する部分はないでしょう。

 

 

ただし、弁護士も司法書士も同じと思っている人がいたとしたら、両者の違いはしっかり理解しておく必要があります。

 

 

申立については、自己破産と民事再生は、本人がやるか、または弁護士に力を借りなくてはなりません。あずさ法務事務所でも、自己破産(同時廃止の場合)は、費用が安くなっていますが、申立まで、あずさ事務所ではできないことを、分かっておく必要があるでしょう。

 

 

あずさ法務事務所は女性司法書士が相談にのってくれる

 

3つ目の口コミで気になったことは、あずさ法務事務所が、女性司法書士が対応してくれるというもの。この部分の評価は、高かったと思います。またあずさの司法書士は、よく動いてくれます。こんなところから、総じて口コミの評価が高かったのだと思います。

 

 

また、女性司法書士は男性にも人気があるようで、女性の依頼者だけではなく、男性からも高評価のようです。とくに若い依頼者は、はじめての経験なのか、女性だから相談しやすいということも、あったのではないでしょうか。