あずさ法務事務所は家族に内緒で借金問題を解決してくれるの?


あずさ法務事務所は家族に内緒で借金問題を解決してくれるの?


借金や債務整理を家族に隠し通せるか?

一部の方かもしれないですが、家族や恋人に知られず、債務整理をしたいと思っている方もいることでしょう。

 

 

あずさ法務事務所のホームページには、「原則、御家族や御友人に内緒で債務整理はでき」るとしながらも、「周囲の方の協力を得られれば手続きがスムーズに進む」としています。そして「出来る限り事情を明らかにして協力を得られる体制を作られたほうが良い」と締めています。

 

 

つまり、あずさ法務事務所は家族に内緒で債務整理はできるが、できれば家族には事情を明らかにすることをすすめています。

 

 

他人に口外する必要はもちろんありませんが、本人が結婚している場合は、借金問題を抱えており、債務整理をするつもりということは、妻・ご主人に打ち明けたほうが筆者自身も良いと思います。

 

 

民事再生や自己破産はやはり隠せないもの

 

まず話を進める前に、債務整理をする際、民事再生や自己破産以外なら、家族にバレずに進めることも可能だということを話たいと思います。

 

 

任意整理や特定調停ぐらいの債務整理なら、家族に知られず債務整理も可能です。ただし民事再生や自己破産になると、ちょっと無理だと思います。何が違うかというと、結局、整理する債務を選べる・選べないの違いです。

 

 

とくに特定調停は過払い請求もしませんし、当日は午前中のみを使って簡易裁判所の一室で調停員を通じて、債権者とやり取りをします。

 

 

もちろん、整理対象のする借金は任意で選べます。たとえば、連帯保証人がついた借金は迷惑がかかるので、除外して債務整理できるのです。

 

 

特定調停は、金利の引き直しができる事案を扱っているので、申立書をあげる許可が得られる事案かどうかが大切です。申立書の中身がしっかりしているものであれば、出頭当日も問題なく終わります。

 

 

ただし、特定調停は裁判所から届く郵便物がありますので、それだけは注意しなければなりません。その点、任意整理は裁判所も通しませんので、もう少し融通がきくのではないでしょうか。

 

 

ところが、自己破産や民事再生は、持っている借金すべてを明らかにしなければなりません。

 

 

住宅ローンを返済している場合は、それも明らかにせねばなりませんので、奥様が連帯債務者になっている場合や、父親が連帯保証人に名を連ねている場合は、当然彼らにも債務整理をすることを伝えることになり、ここは非常に厄介です。なぜなら、主債務者は借金から解放されても、保証人はそうはいかないからです。

 

 

整理対象とする債務を選べる・選べないかの違いは、やはり大きいと思います。

 

 

残債の滞納は意外に厳しい

 

では、自己破産や民事再生以外の債務整理は、隠そうと思えば隠せるのでしょうか。あまりすすめませんが、隠すことは可能です。あずさ法務事務所に限りませんが、依頼者から要望があれば、隠すことは可能です。

 

 

ただ任意整理ほどの債務整理でも、ほとんど場合は、いくらか借金は残るはずです。そのぶんも返していくことを考えると、やはり家族の協力は必要になると思います。

 

 

なお、特定調停など裁判所を通して行なった債務整理の場合、残債の返済が滞った場合は、給与も差し押さえになるなど、家族よりも会社にばれることを心配しなくてはなりません。

 

 

やはり借金は早く打ち明けたほうがラク

 

債務整理後、たとえば転職に成功して収入が数倍になったというのなら、家族からの協力は必要ではないかもしれません。

 

 

しかし、ほとんどの場合は、収入が同じレベルか、下ることも考えられます。任意整理で借金は確かに減りましたが、あらたに借りることは、少なくともあと5年間はできません。

 

 

そのなかで、返していくわけですから、家族にも多少なりとも節約を要請する協力は必要ではないでしょうか。

 

 

あと、残った借金を返すのも、夫婦で力を合わせれば、少しでも返済期間は短くなるはずです。好きだからこそ言いにくい相手でしょうが、言ったことで、気分がどれだけ楽になるかわかりません。やはり、借金は早く打ち明けて、ともに戦うのがいちばんなのです。