あずさ法務事務所と法テラスって何が違うの?


あずさ法務事務所と法テラスって何が違うの?


あずさ法務事務所と法テラス

法テラスとは国がつくった公的な法人で、弁護士サービスを低廉な料金で利用できます。

 

 

法テラスで扱っている事案は、借金問題や離婚問題、相続問題など、私たちの生活に結びついたものが主体となります。とくに借金問題の解決には定評があり、もちろん、過払い請求や任意整理も多く取り扱っています。

 

 

また、法テラスは全国に亘ってサービスを展開しており、あずさ法務事務所のような独立した法務事務所がない僻地に住んでいる方にも、等しく法務サービスを利用できるように事務所も配置しています。

 

 

こうなると、あずさ法務事務所のような独立した事務所がどうなるかということも気になりますが、ここでは法テラスとの比較ということで、お互いの存在を考えていきたいと思います。

 

 

あらためて法テラスってどんな機関なのか?

 

法テラスとは、正式名称を日本司法支援センターと言います。組織形態は準独立行政法人で、法務省が管轄しています。法テラスというのは「陽当たりの良いテラスのように皆様が安心できる場所にする」という思いが込められているそうです。

 

 

実際に法テラスを使ってみると、まず金額的には、支払いについても5,000円分割で費用のほうはOKということで、生活保護などを使っている方は、これよりも低い金額(3,000円など)で分割払いも対応しているようです。

 

 

顧客対応についても、総じて良好といって良く、問題解決についても迅速、適切かつ効果的なものがなされていると言って良いでしょう。このように、法テラスは誰でも利用できる法律の支援センターとして、国民から信頼されていると考えて良いのではないでしょうか。

 

 

法テラスとあえて比較するならやはり費用の面での違いか

 

あずさ法務事務所と法テラスをあえて比較するなら、費用の面での違いと言えば良いでしょうか。あずさ法務事務所が、とくに高いと言うわけではありませんが、公的機関である法テラスと比較するとどうしても割高になります。

 

 

ただ、あずさ法務事務所以外でも、独立した法律事務所の場合、法テラスよりも手頃な金額でサービスを利用できるようなところはありません(繰り返しになりますが、法テラスとの比較においては、ということです)。

 

 

また、あずさ法務事務所の場合は心配はありませんが、法テラスに登録できるということは、少なくともネットで騒がれている、詐欺まがいのおかしな法務事務所ではないはずです。

 

 

そうした情報に疎く、おかしな事務所を選んでしまいそうだという方は、法テラスを選んでおけば、まず間違いはないはずです。

 

 

法テラスの欠点・デメリットはある?

 

このように、何かと利点の多い法テラスですが、法テラスの欠点・デメリットをあえてあげるとすれば、どういう点になるでしょうか。

 

 

たとえば、あずさ法務事務所は女性の司法書士ということを、ひとつのウリにしています。あずさ法務事務所に行けば女性の司法書士が対応してくれるわけで、女性の相談者にとっては相談しやすいかもしれません。

 

 

ところが、法テラスは、担当者の性別までは選べないかもしれません。また、「この人だから」という選び方は、法テラスの場合は難しいでしょう。たとえば、無料相談時のひとあたりが非常に気に入って、担当弁護士や司法書士を選定するということは、独立した事務所なら可能ですが、法テラスでは難しいということです。

 

 

いろいろなメリットが法テラスにはありますが、人柄を気に入って担当者を選べないということは、法テラスのデメリットと言えるのではと思います。