あずさ法務事務所はギャンブルの借金も債務整理が出来るの?


あずさ法務事務所はギャンブルの借金も債務整理が出来るの?


ギャンブルでつくった借金債務整理できない場合がある

ギャンブルでつくった借金や単なる浪費は債務整理できない可能性があります。

 

 

とくに裁判所を通して行われる自己破産や民事再生、また特定調停は資金の使い道をチェックされます。裁判所を通して行なう債務整理は、基本的にギャンブルや浪費が原因で生じた借金については認められないものなのです。

 

 

ほかにも、自己破産の場合は、クレジットカードの不正利用(カード現金化など)がなかったかなどを、申立書に細かく記載しなければなりません。書いた書類の内容については、カード会社に直接見せるかはわかりませんが、不正利用した可能性は履歴としてカード会社に保管されているもので、虚偽報告していた場合は、おそらくすぐバレてしまいます。ギャンブル由来の借金、またカードの不正利用していた場合など、免責が下りるのにも結構な時間がかかることがあります。

 

 

ギャンブルなどでつくった借金も債務整理できる?

 

あずさ法務事務所も、決して多くはないでしょうが、間接的に自己破産や民事再生を扱ったことはあるはずですし、任意整理なら数え切れないぐらいの案件数をこなしているはずです。
その案件の中で、ギャンブルでつくった借金、パチンコでつくった借金、あるいは競馬でつくった借金が原因となって債務整理も、もちろんあるでしょう。

 

 

この場合、ギャンブルでできた借金は、基本的に債務整理できないのですが、そのほかの借金に至った事情と合わせ、全体として債務整理できるかを考えなければならないとする法律も、いっぽうで存在しています。これは自己破産に関する法律で、裁量免責に関する記述として知られています。

 

 

ですから、実際の債務整理で、ギャンブルなどでつくった借金であっても、それが理由で免責不許可になったり、交渉力が決裂したりすることは、かなり少ないのです。

 

 

裁量免責に有利にはたらく材料をいかに集められるかが鍵

 

では、どういった場合に裁量免責が可能なのでしょうか。

 

 

裁量免責にできるかどうかの判断が有利にはたらくものとして、ギャンブルに走った原因が、仕事のノルマやストレスが原因であったと説明できることがあげれます。
また、仕事のストレスから、いろいろな出費がかさみ、ついにギャンブルに走ってしまったなどは、実際によくあることです。

 

 

つまり、これらの理由を素直に打ち解けて、司法書士や弁護士に話せることこそが大事だと言えそうです。

 

 

その意味で、あずさ法務事務所は何でも話しやすい司法書士事務所ではないでしょうか。とくに多重債務に悩まれているのが女性なら、同じ女性が担当する、あずさ法務事務所は利用しやすいと言えそうです。

 

 

また、裁量免責にならなかったケースとして、担当した弁護士が元判事だったと言う方もいます。債務整理を任せる弁護士は自由に変更できますので、こちらの意にそぐわない場合は、担当弁護士(司法書士)を変えてもらうのも一考です。

 

 

自分でつくった借金に責任をもつこと

 

ただ、どんれほど裁量免責が効くからと言っても、安易に自己破産に走ることはあってはなりません。また、これは自己破産などの裁判所を通した債務整理にかぎらず、任意整理などにも言えることです。

 

 

数年前とは違い、いまは債務整理があたり前のようにテレビを通じて宣伝される時代です。それだけに、自分でつくった借金に責任を負わない人がむかしに比べて増えているように思います。

 

 

ギャンブルに走るのが病気なら、本気で治すための治療をしなければいけないでしょうし、単なる浪費なら、真剣に習慣を改めてみることが必要でしょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

あずさ法務事務所はギャンブルの借金も債務整理が出来るの? あずさ法務事務所はギャンブルの借金も債務整理が出来るの?



あずさ法務事務所はギャンブルの借金も債務整理が出来るの? あずさ法務事務所はギャンブルの借金も債務整理が出来るの?