あずさ法務事務所は過払い金請求で多く取り戻してくれるの?


あずさ法務事務所は過払い金請求で多く取り戻してくれるの?


信頼できる司法書士と過払い金が多く取り戻せることの関係とは

あずさ法務事務所は、信頼できる司法書士事務所と考えて良さそうだとわかりました。ということは、もしかすると、あずさ法務事務所が過払い請求で、ほかの司法書士事務所より多く金額回収してくれることを期待する方もいるでしょう。ただ、信頼できる司法書士事務所と過払い請求の結果は、ほとんど関係がないのです。

 

 

では、あずさ法務事務所は「信頼はできるが、思っているほど交渉力が乏しい」と思うかもしれませんが、これも間違った判断です。

 

 

ここでは、そもそも、過払い請求とは何かを説明していきましょう。そうすれば、信頼できる司法書士と過払い金が多く取り戻せることの関係が見えてきます。

 

 

そもそも過払い金とは

 

これをお読みの方は、過払い金の意味は大体理解しているでしょうから、細かな説明は割愛しますが、要は、貸金業者に過剰返済した分を返還してもらうことが過払い金請求です。

 

 

過剰返済はどうして生じたかと言うと、むかし、貸金業者が個人向けに融資する場合の上限金利は二種類ありまして、ひとつは、クレジットカードや消費者金融などは高い金利(29.2%)を設定していました(出資法の上限金利)。しかし、もういっぽうの利息制限法では、18%などの比較的低い金利設定も認められるわけで、ここに長い間、矛盾を抱えていたのです。

 

 

過払い金とは、利息制限法に基づいて出資法の上限金利で貸付たぶんを計算しなおすこと生じる差額です。

 

 

なお、平成22年(2006年)6月18日に施行された改正貸金業法により、利息制限法を上まわる金利での貸付は禁じられています。これ以前からも、改正貸金業法の準備期間として、クレジットカードのキャッシング、消費者金融の貸付において、金利は利息制限法1本に見直されています。

 

 

過払い金は1円単位で細かく計算されます。また、当然ながら、古い貸付でないと、過払い金は発生しません。

 

 

過払い金は司法書士によって戻りに差がでるものではない

 

過払い金は、司法書士事務所によって多く戻るというものでもありませんし、少なく戻ることもありません。なぜなら、過払い金処理は、もはや初期の事案でもありませんので、貸金業者も弁護士側も過払い金を正確に計算できるからです。少なくとも、正しく計算できる必要なデータが揃っていれば、過払い金はどのような業者が計算しても、等しい金額になります。

 

 

ただし、債権元に体力がなくて、額面どうり過払い返還できない場合があります。大手業者以外では、過払い請求対応で経営存続も危機に瀕しているところもあります。この場合は、債権元の状況に合わせいくしかないでしょうから、回収の結果は当然変わってくるでしょう。ただし、司法書士が違っても同じ返還割合が適用されるのが普通です。

 

 

また、債権者の都合ではなく、債務者が滞納などを繰り返していた場合は、債権者は返還金額にペナルティー分を加味することが十分考えられます。

 

 

このような例外を除けば、過払い請求というものは、基本的に、司法書士によって戻りに差がでるものではないということです。

 

 

最初に示した成功報酬に例外があるか確認する

 

それでも戻りに違いがでるというのは、契約した司法書士によって成功報酬が違うと言うことが考えられます。つまり純粋な返還金ではなく、債務者に戻る分が違うということです。ちなみに、あずさ法務事務所の場合は、回収できた過払い金×20%が成功報酬となります。

 

 

ただし、あずさ法務事務所でも訴訟提起した過払い請求事案になると、成功報酬は25%になります。訴訟提起した過払い請求事案とは、裁判所を通して訴訟手続きを行なった場合です。

 

 

こうした決まりは、かならず守られるものですが、例外などがあれば事前に確認しておくと良いでしょう。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

あずさ法務事務所は過払い金請求で多く取り戻してくれるの? あずさ法務事務所は過払い金請求で多く取り戻してくれるの?



あずさ法務事務所は過払い金請求で多く取り戻してくれるの? あずさ法務事務所は過払い金請求で多く取り戻してくれるの?